2006年09月20日

グリーンコンシューマー大阪ネットーワーク

「消費者は王様」です。この王様が、「形のよいキュウリしか食べたくない」というと、その要求に応じて農業の姿が変わります。グリーンコンシューマー(みどりの消費者)とは、持続可能な社会、循環型の社会が望ましいと考える人々の購買運動をいいます。

たとえば、当会http://www.geocities.jp/gconosaka/では、大阪市内の学校の紙ごみをただ焼却処分する市行政に対して、教科書業者、回収業者、教育委員会に働きかけ年間約225dの紙ゴミを回収し、コピー用紙やトイレットペーパーへ製品化して学校へ返す「紙ごみ『もったいないやんか』プロジェクト」を軌道に乗せるべく活動中。続きを読む


posted by ハイジ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境団体紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。