2008年06月29日

皆と取り組む食品の安全と品質を考える会(Better Health through Better Eating Habits)

皆と取り組む食マーク.JPG
■設立のきっかけ2002年(平成12年)当時、世間に大きな衝撃を与えたのが、雪印などの食品偽装問題やBSE問題でした。これらは「食の安心・安全」を根底から揺るがす問題でしたが、この雪印問題は倉庫会社からの告発による露見でした。しかし、これはまだ氷山の一角であると、食の現場にいる人は感じていたのです。食は安心・安全という意味で、利益追求第一という資本経済の原則に支配されてはいけないのですが、製造や流通といった過程を経る中でたくさんの誤魔化しが入ってきているのが実態なのです。そこで、その利益至上主義の問題に対峙するには、生産者・製造者・流通・消費者のそれぞれの立場での、真に正しい在り方を望む人たちの「ネットワーク」で立ち向かい、正しい情報を共有していくしかないということから、発起人であり現理事長の大和孝資(大阪市西区で無添加の大和煮製造)が日本農業新聞を通じて全国に呼びかけたのが始まりです。現在、理事は12名で、宮城・牡蠣の養殖事業者や、東京・鰻蒲焼店主、三重・海産物加工業者、滋賀・醤油醸造業者、和歌山・梅農園主など、エリア、領域ともに広がったのです。続きを読む


ラベル:環境団体
posted by ハイジ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境団体紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。