2011年01月18日

「温暖化懐疑論」と「環境活動」との整合(1)

「温暖化懐疑論」を常に頭の端に入れるべし
 〜「懐疑論」の視点は有用
 〜「温暖化派市民」の稚拙なところは…

「温暖化懐疑論」が徐々に広まっている。私は好ましい状況と考えている。(私は懐疑論派ではありませんが…。)

「懐疑論」に対しては「地球温暖化懐疑論批判」などが出版、反論もされている。しかし、ほんとうのところは 将来のことでもあり 私にはわからない。どちらに説得力があるかを常に確認していこうという立場。

一方、環境団体や環境活動をする多くの人は「地球温暖化 は正しい予測」との前提で活動をやっている。熱心な一部の人たちの会話では、ハナから「とんでもないわね」「何言ってんだ」「ね〜〜…。」との切捨てでおわり。
このような会話を耳にすると私などは思ってしまう。「ああ〜、モッタイナイ。いいこともいっぱい言っているのに…。」と。

「経済との兼ね合い」や「燃やしてしまえ」は、自己修正の貴重なきっかけだ(正しいかどうかは要議論)。
「経済との兼ね合いをこれまでの自分は考えていたかな?」
「ひょっとしたら燃やしてしまった方がほんとはいいのかな…?」「今の我が町の仕組は…?」
と自分を振り返ってみるべきである。
彼らの悲しさ・拙さは、官僚の組織防衛や自己保身とまったく同じ。そこに何故思いが至らないのであろうか。自分がある一派に属すると一定の前提や路線があるのは当然だ。必要でもある。しかし、振り返り修正する謙虚さはとても大切なこと。官僚組織、かつての自民党、今の民主党を見れば一目瞭然なのに…。

(いけとし)


posted by いけとし at 11:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〜びわ湖・淀川クリーンアップ〜

環境PICOの掲示板に投稿がありました。
詳しくは掲示板 http://6024.teacup.com/pico/bbs をご覧下さい。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
きれいな水辺でつながろう〜びわ湖・淀川クリーンアップ
第1回 仲間づくり連絡会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日  時】2011年1月25日(火)16:00〜18:00
      18:00以降は自由参加の交流会
【場  所】NPO法人エコネット近畿事務所
     (大阪市北区天神橋2北1-14 天二ビル4F)
【お問合せ】参加申込・お問い合わせは、お気軽に事務局までご連絡ください。
NPO法人エコネット近畿 事務局 (担当:山本)
        
ラベル:ゴミ 淀川 びわ湖
posted by ハイジ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。