2011年04月19日

車の電球の消費電力は? 〜いけとしの作法

〜待機電力を切って… というぐらいならストップランプを

私自身は、待機電力は普段切っていない。
一般家電の待機電力は1〜数Wレベルのものが多い。
待機電力は長時間なので微弱でもそれなりの意味はあるが
待機電力を考えるぐらいなら自動車はどうなのだろうか…?
と考える。
ウチの軽自動車 ワゴンRの電球類の仕様は次の通り。

(2004年製のはず)
ヘッドライト          60/55 W(ハイビームとロービーム)
車幅灯              5 W
方向指示器 前面・後面   21 W
方向指示器 側面        5 W
ストップランプ         21 W
ハイマウントストップランプ    21 W

尾灯               5 W
後退灯             18 W
番号灯              5 W
フォグランプ          35 W
いずれも電球1個つまり、ハイマウントヘッドランプ、
番号灯以外は左右あるので
ヘッドライトの実質は 120/110 W ということ。
(明るいヘッドライトが増えている中、ウチのは暗い。)

車の発電・蓄電の仕組はまったく知らないので
それぞれの消費電力と省エネ効果の関係はよくわからない。
今のところ、よくわからないが、少しは省エネになるだろう
という勝手な推測。今後、確認が必要である。
ご存知の方、教えていただければありがたいのですが…。

(いけとし)


posted by いけとし at 20:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
車に使われている電球類も、家の中の電球と、同じですよ☆
5Wの電球を一時間付ければ、5Wh消費します。
また、明かりを消せば、電力を消費しません。

家でも、電球の待機電力は、ないか、考える必要もないほど微量だと思いますが、車の場合、エンジンをかけるまで、まったく発電しないと思うので、待機電力を考える必要が無い分、省エネについて考えやすいですね♪




Posted by とも子 at 2011年04月23日 14:55
とも子さん、コメントありがとうございました。
少し違う視点で4/26に省エネの見方を書いてみたいと思います。また見ていただけたらと思います。
(いけとし)
Posted by いけとし at 2011年04月25日 19:10
とても魅力的な記事でした!!
また遊びにきます。
ありがとうございます!!
Posted by ビジネスマナー at 2011年09月24日 21:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。