2011年05月31日

家庭用蓄電池で考えること2 〜交流・直流変換時のロス

4/26のブログで、家庭用蓄電池のロスを考える必要性書いた。

私事だが、高校からの課題として、電気がよくわかっていない
直流・交流も理解不十分。電化製品との関係も不明。随分前から、ACアダプター付家電の増加は気になっていた。
機会をみつけて、十分なレベルにもっていきたい。

そんな中でのブログです。信用しないで下さい。
以下は、私の考える道筋を書いたものです。

ブログ発信後、
>交流に戻すとロスがあることが、今後の課題…
>交流→直流はあまりロスなし。直流→交流はロスあり
とのコメントをいただいた。

「交流の蓄電」でグーグル検索をすると、太陽光発電の蓄電の記述に「仮に変換効率が90%とすると…」とあった。
以下は直流⇔交流 どちらも90%とした場合の私の計算。

直流(太陽光発電機)→交流(インバーター)→直流(蓄電装置)→利用時交流に→直流(テレビなどの利用の場合)
4回の変換があり、変換効率が90%ならば、0.9×0.9×0.9×0.9 = 0.656     つまりロスが34% 。

太陽光でなく、コンセントから充電すれば変換は3回で
0.9×0.9×0.9 = 0.729 でロスは約27% 。
最後の直流への変換が不要ならば、
0.9×0.9 = 0.81    でロスは約19% 。 

もっと効率のいいインバーターや蓄電池もあるようだが、仮定計算では決して無視できるロスではない。実態を把握する必要性は高い。


(いけとし)


posted by いけとし at 13:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

昨年猛暑の真ッ昼間 車のエアコン利用状況観察

先週は5/6の状況をご報告。今回は昨年の暑い夏の真ッ昼間の状況。

結論からいうと 窓が閉まっている率はほぼ9割だった。窓があいていた残り1割の多くは営業車。その営業車の2〜3割は観察時点でタバコを吸っていた。また窓をあけている自家用車の6〜7割は観察時点でタバコを吸っていた。
つまり窓をあけている車の半分程は観察時点でタバコを吸っている車だった。

つまり、
タバコを吸うから窓をあけているだけの車がほとんどだろう」ということ。

窓があいている車に営業車が多い理由として、タバコ以外にどんなことが考えられるだろうか。
・エアコンが装備されていない。
・エアコンは装備されているが、節約命令が出ている。
・外で働く仕事の人で、暑いことにある程度慣れている。
ム〜…。いずれもたいした数はなさそう…。

省エネ、人間本来の生命力養成、忍耐力養成…、等の観点から窓を開ける人はやはり私だけ?いずれにせよ、車の省エアコンの困難さは明らかである。

(いけとし)
posted by いけとし at 05:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

5月6日、自動車のエアコン利用状況観察

〜ドライバーにとってエアコンは無意識・空気のような存在

5月6日、奈良県北部は最高気温23℃(前日比+1)、朝の最低気温10℃(同−2)、日中少し汗ばむぐらいだが一番いい季節だ。

午前11時、我が軽自動車は窓からの心地よい風を受けて走っていたが、対向や並走の自動車の窓はほとんどが閉まっている。窓が閉まっていれば暑いので、ほぼエアコンを入れているはず。
概ね8割(営業車を除けば9割〜9割5分)の車が窓を閉めている。(春先〜秋にかけては、昔から走行車の窓の開閉状況を気が向いたときに数えている。)

朝9時頃の より快適な時間帯でも7〜8割の窓は閉まっている
暑くなくてもエアコンを利用する理由はいくつか想像できる。
・風が髪を乱す。
・花粉や黄砂が入ってくる。
・排気ガス、特にトラックは耐えられない。 等々

とは言うものの
日本人のエアコン依存体質の一端がここに見える。
多くの人は、エンジンをかけるのとエアコンはセットなのだろう。

(いけとし)
posted by いけとし at 09:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。