2011年05月10日

IPCC温暖化レポート〜「最大6.4℃の上昇」のこと

IPCC(気候変動に関する政府間パネル)第四次レポート(2007年)の2100年の気温上昇予測は、引用される時には次のようによく表現される。

>温室効果ガスの排出量が最も少ない場合は…(略)
排出量が最も多い場合は、「4.0℃上昇(予測の幅は2.4〜6.4℃)
予測の幅 2.4〜6.4℃ の上の数字 「6.4℃」を使って、「最大で6.4℃の上昇」と表現されることもある。

私がずっと気になっていたのは
@「温暖化ガスの排出が最も多い場合」は具体的にはどのような想定
A「予測の幅」の発生確率は 何%なのか

昨年、ストップ温暖化推進員養成講座で、江守正多氏の温暖化の講義を受けた。国立環境研究所 温暖化リスク評価研究室長。地球シミュレーターで有名だ。

続きを読む


posted by いけとし at 09:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

ペットボトル水 対応ワーストランキング 〜震災で殉職の人と比べて

東京のペットボトルの水不足、どこまで落ち着いたのだろうか。
水道水の放射性物質検出で「冷静な対応」を求めるアナウンスを聞いても、「説明が悪かったのよ」、「あんまり心配することなかったのね」、「やっぱり不安だから少しでも安全な方の水を使うわ」となる。
自分の対応こそが普通で、自分の行動を振り返り 真摯に反省することにはなかなかならない

ご批判覚悟で、騒ぎの当初1週間ぐらいの、水への対応ワースト5を書いてみる。
(1日、2日後にはTVでは水道水の放射能の低さは伝えられていた。)

ワースト1 〜値上がり期待で、儲けようと買い占めた。 論外。

ワースト2 〜水道水は不安。中高年が自分の為に買い込み。
続きを読む
posted by いけとし at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

省エネ雑感(2)

★なべ帽子

IMGP0008.JPG

編みなおそうとセーターを解き始めた。
しかし、ふと、セーターでなべ帽子を作ったらよいのではないか!と、解くのをやめた。
それから、もう10年以上。
一念発起して、作りました。なべ帽子!!!

セーターをタオルで何十にもくるみ、超ザックリと縫い、熱が下から逃げないよう、タオルとハンカチで座布団も作った。
全くの自己流だ、が、これがすごい!!

やかんにかぶせておくと、朝沸かしたお湯がお昼頃までそこそこ熱い。
インスタントコーヒーを入れるなら、これで十分。

ふつうは、食事づくりにいろいろ役立てるようだが、
あまり家事はやっていないので、少々宝のもちぐされ。

でも、いらない布の再利用のうえ、自分で作ると何だか自慢〜!!
(ハイジ)
ラベル:省エネ
posted by ハイジ at 21:56| Comment(1) | TrackBack(0) | エコ暮らし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。