2011年04月26日

家庭用蓄電池でまず考えること〜目新しいもの

ここ数日マスコミで注目されているのは家庭用蓄電池
昔からあるが、高価で本格普及はまだと言われてきたもの。
今回の注目理由は
首都圏の電力需要ピーク時の節電に有効だから とのもの。
余力ある時間帯に充電し、ピーク時に使う。
この部分に異論はないとしよう。

値段面は別にし、また、これさえ何台もあれば節電不要という
マイナスのモラル面は別にし
今年の夏場しのぎ目的特有の問題点・疑問点も別にし
再生可能エネルギー転換のための基幹インフラ
スマートグリッドの根幹機能としてどう考えるかも別にしよう。

今日言いたいのは、消費者が思いつくべき一番基本的な疑問。
私の疑問は素朴なのだが、テレビから答は聞こえてこない。

例えば、
1kWh の充電に何kWh をコンセントから充電すれば
いいのか
…、ここ数日で数本以上 テレビで紹介されるのを見たが、この部分を伝える番組はまだ見ていない。
ロスはほぼゼロで 気にする必要がないから言わないのか、
1kWh分を使うのに2kWh分の充電をするのか…。 必須の確認事項だ。
ここを押さえないと、話は基本からひっくり返る。

また、一度充電した電気の自然放電の具合はどうか…?
4/25のTV「ちちんぷいぷい」ではその問に対し「(1年ぐらいほっといても大丈夫ですが、)電源と家電の間で普段からつなぎっぱなしにすれば(電源→蓄電池→家電)いざという時に使えないことはない」と回答していた。後半に力が入っていたので、前半部分は確認が必要。
有意義な情報だが、私には確認したいこともそれだけ増える。
携帯の電池の知識や経験からも、推測や質問事項が出てくる。
蓄電池の寿命が短ければ、ecoとは一概には言えないし…。

消費者一人ひとりがこのあたりを自分で考えるようにならないと、「省エネ液晶テレビへの買替で消費電力は逆にアップ」は未来永劫続く。

(いけとし)


posted by いけとし at 23:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

車の電球の消費電力は? 〜いけとしの作法

〜待機電力を切って… というぐらいならストップランプを

私自身は、待機電力は普段切っていない。
一般家電の待機電力は1〜数Wレベルのものが多い。
待機電力は長時間なので微弱でもそれなりの意味はあるが
待機電力を考えるぐらいなら自動車はどうなのだろうか…?
と考える。
ウチの軽自動車 ワゴンRの電球類の仕様は次の通り。

(2004年製のはず)
ヘッドライト          60/55 W(ハイビームとロービーム)
車幅灯              5 W
方向指示器 前面・後面   21 W
方向指示器 側面        5 W
ストップランプ         21 W
ハイマウントストップランプ    21 W

尾灯               5 W
後退灯             18 W
番号灯              5 W
フォグランプ          35 W
いずれも電球1個つまり、ハイマウントヘッドランプ、
番号灯以外は左右あるので
ヘッドライトの実質は 120/110 W ということ。
(明るいヘッドライトが増えている中、ウチのは暗い。)

車の発電・蓄電の仕組はまったく知らないので
それぞれの消費電力と省エネ効果の関係はよくわからない。
今のところ、よくわからないが、少しは省エネになるだろう
という勝手な推測。今後、確認が必要である。
ご存知の方、教えていただければありがたいのですが…。

(いけとし)
posted by いけとし at 20:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月18日

地球のことを考えて行動する日、アースデイに参加しよう!

4月22日(日)は「地球の日(アースデイ)」です。誰でも垣根なく地球のことを想い行動する日です。東日本大震災があった今年は節電が大きな課題ですが、きっとヒントも見つかります。
1970年にアメリカのG・ネルソン上院議員が宣言をしたことから始まったアクションは全世界に広がり、日本でも前後の土日や祝日には、全国各地でイベントが行われます。
各地のアースデイ情報は、http://www.earthday.jp/ で探せます。
日本最大のイベント「Earth Day Tokyo 2011」は、2011年4月23日(土)・24日(日)
会場:代々木公園・渋谷・原宿・表参道など。
全国各地のアースデイイベントでは、NPOや企業のアクション紹介、手づくり雑貨市、地産地消レストランの出店など多彩なイベントが開かれます。
地球への想いをもった市民がそれぞれ主催しているので、内容は様々ですが、フリーマーケットがあったり、トークライブがあったり、地産の食べ物があったり、和やかな雰囲気は共通です。環境に興味がある人も、近づきがたいと感じている人も、みんなが楽しく参加できる場です。
お近くにアースデイイベントがあれば、ぜひ参加してください。
posted by GUEST at 12:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 環境イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。